タミフルとは

タミフルは、アメリカの大手製薬メーカーギリアド・サイエンシズが1996年に開発したオセルタミビルリン酸塩を主成分とするノイラミニダーゼ阻害薬であり、世界独占販売権を取得したスイスの大手製薬メーカーロシュが製造販売する医薬品です。オセルタミビルリン酸塩は、中華料理に使用される香辛料の八角に含まれるシキミ酸を多段階発酵する事により得られる為に非常に生産効率が悪かったが、現在ではコーヒー粕麹法の導入により短時間で生産出来るようになっています。日本国内では、パンデミックに備え国民の45%に相当する5.700万人分の備蓄目標が掲げられています。
タミフルは、インフルエンザウイルスのA型ウイルスとB型ウイルスに対して有効とされているが、B型に対しての有効性には疑問が残されています。又、新型インフルエンザウイルスの1つとされるH7H9は、ヒトのシアル酸受容体と結合する為にステルスウイルスとも呼ばれ、ノイラミニダーゼ阻害薬に対する耐性があるとされ、他にもノイラミニダーゼ阻害薬に対する耐性を有するインフルエンザウイルスが確認されています。その為、厚生労働省はパンデミックにおいてノイラミニダーゼ阻害薬の有効性が認められない時に限り、RNA依存性RNAポリメラーゼ阻害薬の処方が可能となっています。
タミフルは、体内に侵入したインフルエンザウイルスや増殖したウイルスへの直接的な薬理作用は全く無く、感染細胞内で行われるウイルスの増殖過程に作用します。タミフルの使用機序としては、インフルエンザウイルスのエンベローブ表面状に存在する赤血球凝集素と呼ばれるノイラミニダーゼに作用する事で、増殖したウイルスを感染細胞から遊離出来ない様にしてウイルスの拡散を抑制します。結果としては、体内のインフルエンザウイルスを増加させず、発症や症状の悪化を防ぎます。

タミフルを予防投与に使う

タミフルはインフルエンザの治療に用いられる経口薬で、誰もが感染したら病院に行って処方してもらえます。元々はインフルエンザの治療のために開発されているので効果があって当然なのですが、タミフルの作用機序はウイルスを退治するのではなく、細胞内に閉じ込めて増殖を抑えるという働きを持っていることから、治療だけでなく感染予防にも使用することができます。例えば家族の誰かがインフルエンザに感染していた場合、子どもや高齢者だと放っておくわけにもいかないため看病が必要になります。看病をするには感染者に近づく必要があるため、感染するリスクが高くなり家庭内でインフルエンザが流行するという事態も起こり得ます。また、社会的にインフルエンザが流行していた場合は、空気感染もあるので外出するだけでインフルエンザになることもあります。そうした一定の期間だけタミフルを使用しておくと、予防効果によって感染を防ぐことができます。ただし、病院で処方されるのはあくまで治療目的だけとなっていて、通常では処方されることはなく、予防目的であることから健康保険も使用することができません。つまり、病院で処方されても自由診療となるため、薬代が全額自己負担となるのです。また、タミフルの服用方法は治療時とは異なり、5日間の服用を10日間に変更して飲んでいくことになります。タミフルを飲んでいる期間は予防効果が高く、インフルエンザの感染から身を守ることができますが、あくまでも飲んでいる間だけという点に注意しましょう。また、10日を超えて服用することはできないため、上記のように感染者の看病をする時などに使用するのが一般的です。インフルエンザの流行している期間で予防をする場合は、ワクチン接種を考慮しておく必要があります。

タミフルを通販するには

タミフルはインフルエンザの治療に使用される飲み薬で、ウイルスの増殖を抑えると共に感染を予防する効果があります。医療用医薬品であるため一般的には病院で診察を受け、インフルエンザであると判断されてはじめて処方されます。医薬品は通常なら処方箋が必要なため、病院に行くことが必須なのですが、最近ではインターネットの普及によってネット通販で購入することも可能となっています。国内で購入できるのは一般用医薬品のみですが、海外からの個人輸入は医薬品の種類に関わらず購入することができ、処方箋も不要なため病院で診察を受ける必要もありません。タミフルの1個あたりの薬価は317.9円となっていて、5日分の処方を受けると薬代として1589円が必要となり、初診料や再診料を含めると3,500~5,000円ほどかかります。しかし、個人輸入で購入できるタミフルは1箱10カプセル入り、10日間分で6,000~8,000円となるため、2人分またはインフルエンザの治療で2日分を使用するなら価格に違いは出なくなっています。また、タミフルを使用した感染予防の場合は10日分となるので、1箱の購入で1回は使用できることから非常にお得な方法となっています。海外から購入するには個人輸入といった方法で行われますが、税関や配送などの面倒な問題もあります。そこで、個人輸入を代行してくれるサイトを使用すれば面倒な手続きもなく、通常のネットショッピングと同じように購入するだけで自宅にタミフルが届くようになります。病院に行かなくても自宅にタミフルが届くので、病院までの交通費や手間を省くことができ、通院する暇がない人でも気軽に入手することができます。